twitterやまとめブログなどのSNSがもたらす風評被害の現状をまとめます。

SNS風評被害や訴訟まとめ

まとめ

転載しただけでは名誉棄損にならない!? 〜安易な転載・Retweetに要注意〜

投稿日:

インターネット上の記事を掲示板に「転載しただけ」で名誉毀損(きそん)にあたるとの判決を、東京高等裁判所が下していることがわかりましたので、記事にしておきます。「ネット転載」での名誉毀損認定は今回が初めてでした。今後様々な場合に適用の可能性があると考えられます。

「転載しただけでも名誉毀損が成立する」となると、FacebookやTwitterなどSNSへの投稿、まとめサイトなども同様に、名誉毀損に問われる可能性があります。。

裁判の代理人を務めた最所義一弁護士(弁護士法人港国際グループ)はブログで、「軽い気持ちで、いたずら半分にコピーアンドペーストしてしまったとしても、名誉毀損の責任を問われる可能性がある、投稿を行う際には、自分の意見として責任をもって主張できる内容であるかを、今一度、冷静に判断していただきたいと思います」とコメントしています。

ソース元の信頼性を確かめずに安易な気持ちで転載・SNS上で拡散するだけで、罪に問われることがあるのです。まとめサイトやSNSは便利なツールですが、このような危険性をはらんでいることを十分に認識した上で利用しましょう。

 

元記事はこちら

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1312/03/news121.html

-まとめ

Copyright© SNS風評被害や訴訟まとめ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.